住宅

キッチンのリフォームでコンロ周りをスッキリ

居宅のリフォームで古くなったシステムキッチンの入れ替えを行いました。

同じスペースでも、近年のキッチンは収納の工夫もあり、同じ広さでも収納力は抜群です。
毎日使うものなので、キッチンがキレイになると、お料理をするにもテンションが上がりますよね。

リフォームの際には、まず不便な箇所をお伺いして、見た目だけでなく使い勝手のいいキッチンに仕上げなければ「こんなはずじゃなかった・・・」と失敗例にも繋がりません。

キッチンを入れ替える前のキッチンです。
古くなり、不具合も出てきますので今回はガスからIHキッチンへ変更しました。
解体ーー設備系統の位置ズレの調整(電気、水道、ガス)ーー壁面補修ーーキッチン据付ーー設備系統の接続
という感じでリフォームを開始しました。

お手入れのしやすさと見た目のスッキリするためにIHに変更しました。

近年のIHは火力も強く、お手入れのしやすく2口コンロ、3口コンロなど配置も含めてレパートリーも多く、お好みのものを選びやすくなっています。

換気扇をブーツ型からスリム型へ変更

長年愛用していたレンジフートも古くなり、ファンの音も気になるため、交換しました。
ブーツ型は普及率も高くあらゆるキッチンに取り付けられる形状のため、使用しているご家庭は多いと思います。
煙を集めやすくいいのですが、主婦にとってはお掃除がしにくいのが欠点です。
今回は、インテリア性の高く、美しいデザインで人気のスリム型へ交換しました。
シンプルな形はお掃除がしやすいだけでなく、油汚れがつきにくいという点でこちらにしました。

レンジフードはファンやフードにより、性能や掃除のしやすさが違ってくるので、見た目だけでなく使いやすさも意識しながら選ぶ必要がありますね。

食洗機を導入しました

食洗機については、ご家庭により賛否両論があるみたいですが、今回は設置いたしました。
やはり、食事の後の後片付けは楽に終わらせたいものですし、食器洗剤が手荒れにも繋がります。
以前の食洗機は汚れ落ちの問題や洗剤のこともありましたが、近年では設置する家庭も多く、家庭用洗剤のメーカーも用途に応じた洗剤も多く出回っているため、使い勝手が良くなってきましたね。

壁をタイルから目地の無いボードへ変更

タイルも素敵ですが、どうしても目地の油汚れなど日頃のお手入れは凹凸が無いものが使いやすいですね。
今回はキッチン全体の雰囲気を考慮して、壁は白く仕上げました。
フラットな壁は油ハネもサッと拭けるのでお手入れがラクラクです。

キッチン天板は美しいステンレスに

キッチン天板は人工大理石などが人気でしたが、最近では、ステンレスにまた人気が出てきた感があります。
人工大理石も素敵ですが、ちょっとプロっぽいイメージのステンレスも素敵ですね。

ステンレスはカビや臭いつきにくい素材ですので、調理する上で清潔にキッチンを保つというのもステンレスの魅力です。

また頑丈で水や熱にも強く、耐久性に優れています。
何より凄いのは、キズを自然に再生する性質を持つことから、いつまでもキレイなキッチンを保つ事ができるのが凄いところですね。

扉カラーは自然な風合いを楽しめて美しく映える木目柄に

木目扉といっても、キッチンは水はねや油汚れがありますので、コートはしっかりしたものを選びました。
クラシカルなイメージのまま、使い勝手は良くが基本ですね。
色目も近年ではグレージュやオークなどかなりの色目が選べますので、オシャレカフェ的なものや重厚感があるキッチンなどイメージに合ったものが選べるので楽しいですね。

素敵なキッチンになってご満足いただき、良かったです。

新築やリフォームを、ジャンルや工法に縛られず幅広く手掛けています。
お気軽にお問い合わせください。

受付時間 9:00〜18:00(土日祝を除く)